チーゼル teasel



チーゼル・ハンドブラシ





「チーゼル(Teasel)」は、かつてカシミヤや上質コート地などの毛織物の仕上げに珍重され、大阪の岸和田などで大量に栽培されてきた植物です。現在では金属針に代わり、日本ではほとんど栽培されなくなりました。ただ高級毛織物の本場ヨーロッパでは、金属にはない優しい仕上がりのため今でも利用され、織り物や編み物の盛んなスウェーデンでは、大切な道具の一つとなっています。

日本では購入できないため、ごくわずか日本で栽培されているチーゼルで、ハンドブラシを制作しました。縮絨後の最後の仕上げに毛織物の上を転がすことで、うっすらと起毛し、肌触り良く仕上がります。

お譲りもしていますので、興味のある方は"Contact"のページよりご連絡ください。

"Teasel" is a plant that was cultivated in large quantities around Kishiwada city in Osaka and elsewhere in Japan, which was prized in the finishing of woolen fabrics such as cashmere and fine coats. Currently it has been replaced by metal needles, and it is almost not cultivated in Japan. However, in Europe, which is the home of fine woolen fabrics, it is still used because of the gentle finishing that cannot be put on metal, and in Sweden where weaving and knitting are popular, it is an indispensable tool.
Because we cannot purchase it in Japan, I made hand brushes with teasels, which are barely cultivated in Japan. By rolling over the woolen fabric face, it gets brushed up and the finishing gets soft.